オンライン決済を効率的に処理する方法とは?

現在、技術開発の進歩により、現金での支払いからオンラインでの支払いへとシフトしてきていますよね。クレジットカードや銀行振り込みの登場により、オンライン決済の選択肢がどんどん広がっています。だからこそ、顧客の希望する決済手段をサポートする決済処理技術は、あらゆるオンラインマーチャントにとって極めて重要な意味を持つようになっています。決済処理の用語の意味を理解しようとしているマーチャントの方や、店舗やオンラインでの支払いを受け入れようと検討されている方は、この記事を参考にしてみてください。

オンライン決済の種類

オンライン決済は主に、以下の3タイプに分けられます。
電子インボイスによる直接支払い(手数料なし)
モバイルアプリケーションでの支払い
ウェブアプリケーションでの支払い

オンライン決済の仕組み

消費者にとってオンライン支払いは、シンプルで効率的かつ実用的に見えますが、この支払い方法を望ましい機能レベルにまで高めるには、以下のいくつかのステップを踏むことになります。
顧客が支払い方法を選択する
決済ゲートウェイを経由して暗号化され、決済プロセッサーに送信される
販売が承認される
顧客のカード発行会社、銀行、またはeウォレットによって取引が承認される
決済処理手数料を差し引いた資金が、マーチャントの銀行に送金される

中小企業向けのオンライン決済

中小企業では、他の企業と同様に、ソフトウェアパッケージによるオンライン決済が必要です。企業によって異なる適切なソフトウェアを慎重に検討し、選択すべきです。決済ソフトウェアパッケージの中には、決済プロセッサー、決済ゲートウェイ、マーチャントアカウントのすべてを1つのバンドルで提供するものもあります。オンライン決済システムをできるだけシンプルで実用的なものにしたいのであれば、必ずオンライン決済処理会社(WorldpayやPayPalなど)に問い合わせるようにしてください。

クロスボーダー決済の仕組み

テクノロジーの発達のおかげで、オンライン支払いは、国内通貨だけでなく、外国通貨や海外市場でも行うことができるようになりました。今日では、例えば日本の顧客にある請求書の金額を支払う必要があるとき、わざわざ銀行に行って行列に並んで時間を無駄にする必要はありません。ソフトウェアや決済プラットフォームがインストールされているだけで十分なのです。複数の国や地域で販売するということは、資金を複数の通貨で受け取ることになります。それらの資金を両替する必要があるため、優れたeコマース決済処理ソフトウェアは、外国為替(FX)や単一通貨の決済を提供し、グローバルな取引をさらに簡単にしています。

ウェブサイトに決済機能を追加する方法

企業が自社の製品やサービスをウェブサイトに掲載した場合、当然ながら、その製品を購入してくれるお客様がやってきます。自社ウェブサイトで商品を購入できるようにするためには、顧客向けのオンライン決済機能を導入・有効化する必要があります。では、その方法を以下にて詳しく説明しましょう。

  • API 統合 – さまざまなデータベース、アプリケーション、デバイスを接続するAPIにより、シームレスな決済ソリューションを実現できます。
  • 構築済みのホスト型チェックアウト – 構築済みでホストされたチェックアウトシステムを利用して、素早く簡単にお客様の支払いを行います。
  • eコマースプラットフォームプラグイン – プラグイン方法であれば、海外取引や国際送金を可能にし、迅速に実行します。
  • デジタルインボイス – コーディングやAPI統合なしで、顧客にデジタルインボイスを送ることが可能です。